15,000円以上お買い上げで 送料無料!!
15,000円以上お買い上げで 送料無料!!

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

今すぐ会員登録

課税による略奪が日本経済を殺した 「20年デフレ」の真犯人がついにわかった!

ISBN:
9784864710985

著者:ビル・トッテン 四六判ハードカバー 192ページ

通常価格(税込):
1,430
ポイント: 28 Pt
販売価格(税込):
1,430
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

書籍詳細

20年に及ぶ長期デフレから脱却しようとしている日本で今一番重要な本!
日本に帰化した超優良企業のオーナーが、日本人の幸福のために絶対伝えたい真実と提言!

◎ 消費税を即刻廃止せよ!
◎ 銀行の特権を国民に大政奉還せよ!
◎ 民間の銀行にお金の9割を作らせてる現行制度を廃止し、国民の代表である政府がシニョリッジ(通過発行益)を取り戻せ!
◎ そうすれば金融海賊も封じ込められる!
◎ 労働人口の減少もバブルの崩壊も実は日本大不況の原因ではなかった
◎ 独自の綿密なデータ検証から導き出された驚愕の真相
◎ それは「消費税」だった
◎ GDPの減少は消費税と明らかにリンクしている
◎ メディアも経済評論家も政治家、官僚もみんなこの真相を隠しているか、気付かない振りをしてきたのだ!?
◎ 日本人よ、もう騙されてはいけない!
◎ 3%を5%に引き上げた橋本増税が日本経済に大打撃を与えた
◎ データは明らかにそう語っている
◎ これから日本はさらに消費税率をあげようとしている
◎ それは復活の予兆をみせる日本経済の足を強烈に引っ張るだけ!
◎ 日本経済に大打撃を与える消費税は即刻廃止しなければならない
◎ さらに消費税は不公平税制の代表格である
◎ その他即刻廃止した方が良い税は、個人所得税、法人税、相続税だ!
◎ 新設した方がいい税は、地価税、株式売買税、外国為替取引税だ!
◎ これを実行すれば日本経済は根本から立ち直る!
◎ 絶対これしかない処方箋を明示!

藻谷浩介氏の『デフレの正体』は、労働人口減を原因として大きな話題となり、大ヒットとなった。だが、トッテンは、人口減は真の原因ではなく、バブル崩壊もこの不況の大きな原因ではないとする。独自の綿密なデータに基づき、GDPの減少が消費税の増税とリンクしていることを論じる。3%の消費税を5%に引き上げた橋本増税は、日本経済に壊滅的な打撃を与えた。しかも、この消費税というシステムが所得の格差を大きくするよう働いてきたことを証明する。実際に高額所得者の所得税はこれから減額されていったのだ。この源を元日銀総裁だった前川レポートまで甦り、米国の隠然たる圧力を語るのだ。
だが、人々を幸福にする税のシステムがないわけではない。トッテンのこの本は、消費税増税があらたな話題になっている今、誰もが一度は読むべき本である。いま、デフレから日本が脱却しようというこの時点で一番重要な本です!

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

会員登録のメリット
  • 新規会員登録でポイントゲット
  • 各種優待割引
  • 会員限定商品あり
今すぐ会員登録