10,000円以上お買い上げで 送料無料!!
10,000円以上お買い上げで 送料無料!!

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

今すぐ会員登録

吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」

  • 残りわずか
ISBN:
9784864712507

著者:板垣 英憲 四六判ソフトカバー

通常価格(税込):
2,160
ポイント: 43 Pt
販売価格(税込):
2,160
注文数:

書籍詳細

ゴールドマン•ファミリーズ•グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ)
吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」
地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた


◎ 表の国家経済は破綻していても関係なかった――われわれのまったく知らない《超裏金融》の正体
◎ サイナー、ゴールドマン・ファミリーズ、フラッグシップ――しくみを実際に動かすシステムがついに白日の下に晒される!
◎ 吉備太秦の肉声をそのままお届けします!

「いわゆるサイナーとは、口座管理人のことです。いわば資金の管理人のような立場です。
私の場合は、フラッグシップで承認する立場であり、サイナーではありません。私が一人ですべてを見ることは出来ないので、口座管理人が何人かいます。
IMFの運用に関わる金の取引と、日本が管理権、運用権、使用権を持っている35%日銀にシェアされるお金は、フラッグシップである私の承認がなければ動かせません。日本政府も日銀総裁も動かす権限はない。
世界銀行の別段預金は、表面上には載らないところにあります。それは、300人の個人委員会が管理しているのです。
ずっと運用していてずっと貯めているので減らない。どんどん増えていっている。
それの管理権、運用権、使用権は、基本的に日本にあります。
なぜかというと、ホストカントリーだからです。厳密には35%が日本のものです。それをどこの国に分配[シェア]するのかを決める人ということです」

「そして、この書類に私がサインを入れます。これが一番重要で、私がサインをすることにより『フラッグシップを立てる』ということになります。
フラッグは、漢字で書くと『旗』だが、実は秦ファミリーの『秦』でもあります。つまり、『この取引をきちんとしますよ』ということを、国連を含めた関連機関に宣言をするのです。
その旗印がフラッグシップであるので、私のサインは『フラッグシップを立てる』ということを意味しています。
つまり、『国連から認められた最終承認者=Special Power of Attorney at Goldman Families Group』が承認したという意味であり、それを宣言している文書ということになります。
世界の金塊は秦ファミリーが支配していると言われているのは、このフラグシップがあるからです」

「I.I.D.Oをつくったのは、英国のケンブリッジ派のドール・ロスチャイルドです。
彼は幕末、まず東インド会社からトーマス・グラバーを日本の長崎に送り込みました。日本という国がどういう国なのかを知ろうとしたのです。
欧州の王族・貴族の人たちは、働くということは奴隷がすることだと思っています。
しかし、日本人はみんな勤勉でよく働く。彼らは一体何を調べに来たかというと、日本の皇室の歴史を調べに来た。
調べてみると、『すごいじゃないか』ということになった。ユダヤより歴史が古い。本当だったら、天皇をさらって植民地にする予定だった。
だが、この国は、逆に尊敬しなければいけない、奉らなければいけないと思ったのです。
ユダヤのヤーハウエは太陽神、日本の天照大神も太陽神で、大本は『日の本の国』であると気がついた。
それで、どんどん資金を投入してきたばかりでなく、ドール・ロスチャイルドが日本にやってきた。
しかも、帰化して日本人になってしまいました。
その後、日清・日露戦争で明治天皇を助けて、1950年まで生きていた」

「明治時代に明治天皇が何をつくったか。それは、秀英舎[現在のDNP]です。
これは大日本印刷の前身で、ジャパニーズ円の印刷工場。いまでも秀英体という字体がありますが、日本で最初にお札の字体に使ったのは、この秀英舎の字体でした。
なぜお札を発行したか。それは、不平等条約で小判を欧米に持って行かれて、多くの小判がなくなってしまったからです。
日清・日露戦争の武器は、戦艦三笠を旗艦とする連合艦隊にしても100%英国製でした。日本にはそんな武器を買うお金はありませんでした。そこでどうしたか。ロスチャイルドが保証したポンド債という国債を発行したのです。
要するに莫大なお金を借りた。その償還期間が、大体70年から90年でとにかく長期でした。なぜなら、日本が勝利して借金を返せるまでにはそれくらいかかるだろうと思ったからです。
そんな長期で貸してくれる人はいない。ドール・ロスチャイルドは、明治天皇を助けて、日清・日露を勝ち抜いて、朝鮮を併合して満州に出て行った。なぜなら、お金を返せないから出ていかなければならなかった。
中国やフィリピン、インドネシアにある日本の金を取り戻しに行った。占領して、満州国をつくった。
満州国で何をしたかというと、佐藤栄作が千円札を刷りまくった。そして世界中に配りまくったので、結局、最後は帳尻を合わせなければならない。むかしはコンピューターもないので、とてもじゃないができない。
5・15事件で犬養毅、2・26事件で高橋是清達がどうして殺されたかというと、本当の理由は、その処理が出来なかったからです。
戦後の世界銀行は、その時どきの国際情勢とそれぞれの国々の状況よって、何処の財団、NPO法人などからシェアするかを振り分けてきました」

「ドール・ロスチャイルドと呉一族の末裔が個人的に提供してくれた資金[ポケットマネー]によって日本の復興を手がけた。
また、世界銀行からの復興資金は、連合国軍最高司令部[GHQ]を通して提供された。晴れて世界銀行から融資を受けられるようになったのは、1951年9月8日、サンフランシスコ講和条約調印、日米安保条約調印を経て、1956年12月18日、国連に加盟してからであった」

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

会員登録のメリット
  • 新規会員登録でポイントゲット
  • 各種優待割引
  • 会員限定商品あり
今すぐ会員登録