15,000円以上お買い上げで 送料無料!!
15,000円以上お買い上げで 送料無料!!

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

今すぐ会員登録

この国を滅ぼさないための重要な結論

  • 残りわずか
ISBN:
9784864713122

著者:倉山満(憲政史家) 四六判ソフトカバー

通常価格(税込):
1,650
ポイント: 33 Pt
販売価格(税込):
1,650
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

書籍詳細

この国を滅ぼさないための重要な結論
《嘘まみれ保守》に憲法改正を任せるな!


左=ハトで右=タカって本当?
でも残虐なのはどっちでしょうか?
ハトはタカより獰猛で、しかもメスバトはオスバトより凶暴だというが・・・

幕末から戦後までの保守思想家を全て解体して、位置関係を初めて明確にしました。左、右ということだけで分からない思想状況に鋭く切り込みます。
実は、日本の保守が負けっ放しには大きな理由があるのです。
本書は、日本が好きだから政府の誤りを批判するという
倉山流、痛快知識人めった斬り!です。
日本の思想状況を上下左右に四分割、これ以上ないくらい分かりやすい見取り図を提示。なぜ、丸山真男や南原繁が左であるが体制べったりで、緒方洪庵や三島由紀夫が真性の右に見えながら、政治的に無力なのか?
吉野作造、河合栄治郎こそが保守の正統であるという理由は?
それらが、全て明快に分かります。
倉山満は、どうして同じ陣営とも思える「チャンネル桜」と訣別したのか?
それは、消費増税への対応だけでなく保守のあるべき姿を求める真摯な情熱からだったのです。
本書を読めば、倉山氏の行動の疑問は全て氷解するはずです。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

会員登録のメリット
  • 新規会員登録でポイントゲット
  • 各種優待割引
  • 会員限定商品あり
今すぐ会員登録