10,000円以上お買い上げで 送料無料!!
10,000円以上お買い上げで 送料無料!!

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

今すぐ会員登録

シュメールの宇宙から飛来した神々③ マヤ、アステカ、インカ黄金の惑星間搬送

ISBN:
9784864715539

著者:ゼカリア・シッチン

訳:竹内 慧

解説:浅川 嘉富

四六判ソフト

☆好評発売中☆

通常価格(税込):
2,700
ポイント: 54 Pt
販売価格(税込):
2,700
注文数:

書籍詳細

中米南米の地に、黄金と巨石と精緻なる天文学がなぜ必要だったのか!?
超高度なマヤ・アステカ・インカ文明、その根源の謎解きへ!
3つの文明をさかのぼると浮上する古代中東、そして地球外文明との密接なる関係……
そのすべての答えは、人類を創成した宇宙人アヌンナキが知っている!!
世界的大ベストセラー「The Lost Realm」(失われた王国)を完全邦訳!

「龍蛇族シリーズ」などで知られる地球・先史文明研究家・浅川嘉富氏が解説!

科学・歴史考古学・言語学等のアカデミズムから宗教界に至るまで、各分野を超越して大論争(称賛、嫌悪、無視…)を巻き起こした禁断の世界的大ベストセラー群6作品が「シュメールの宇宙から飛来した神々」シリーズで完全復刻!本書はその記念すべき第3弾(2010年5月、徳間書店・5次元文庫で刊行された『マヤ・アステカ・インカ 神々の起源と宇宙人』の完全新装版です)。シリーズ第1弾『地球人類を誕生させた遺伝子超実験』The 12th Planet、第2弾『宇宙船基地はこうして地球に作られた』Stairway to Heavenも好評発売中――。

約45万年前、太陽系第12惑星ニビルより地球に飛来した巨大な神々=古代宇宙飛行士ネフィリム/アヌンナキ。その最も重要な目的は、ニビルの環境維持のために地球の金(ゴールド)が必要不可欠になったこと。中東の地に一大重要拠点、惑星ニビルと地球を結ぶ宇宙船基地が創られ、中東やアフリカで採掘された金を集め母星へ搬送することに。そして、その採鉱の担い手/奴隷として、彼らの遺伝子操作によって誕生したのが人類だった。しかし、この金の採掘と集積、搬送のサイクルも、未曾有の地球大洪水によって、突然の終わりを告げる。土泥と水に埋没した人類と鉱山。しかし、生きながらえた人類に新たな文明の技術と道筋を与え始めるアヌンナキ。それは新しい金の採鉱地へと人類を導くため。その新たな舞台こそ、中米南米の地、まさにエルドラド(黄金郷)だった!15世紀に新大陸を発見したヨーロッパの征服者たちの遥か昔、この地に、地球外の支配者が来訪し超高度な文明の種をまいていたのだ!!

シュメール語を解読できる世界で数少ない学者の一人、著者ゼカリア・シッチン。膨大なシュメール、メソポタミアの粘土板等に刻まれた古文書を科学解析し、有史以前の人類やシュメールと四大文明勃興、さらに中米南米文明へと連なる謎を次々と明らかにしていった。そこで浮かび上がった衝撃の真実の数々とは……!?
本書では、中米南米に遺されたシュメール・メソポタミア・古代エジプトとの驚くべき共通項の謎を追いながら、古代において地球全体を掌握していた宇宙人アヌンナキの足跡を詳細に明らかにしていく――!インディオはイスラエルの失われた10部族/ユダヤ歴の始まりは惑星ニビルの王アヌが地球を公式訪問した日/マヤ語とヘブライ語は共通/ペルー語の起源はシュメール語とアッシリア語/エジプトの神官トトの別名がケツアルコアトル/フェニキア人、イスラエル人など地中海の人々がなぜいたのか/オルメカ人は明らかにアフリカ人種/マヤの暦のシステムはシュメールと同じ/天空都市マチュピチュは何に使われていたのか/サクサイワマンの遺跡構造は、砂金の精選工場/オリャンタイタンボ遺跡は、金塊を空輸するための施設……etc.

人類を創成したシュメール宇宙の神々――父天神アン(アヌ)、息子の地神エンリルと水神・智神エンキ、そして女神ニンフルサグ、さらに月神ナンナル、太陽神ウツ、バビロニア主神マルドゥク、金星神・愛の女神イナンナと続く……。これら神々の集団を総称して「ネフィリムまたはアヌンナキ」と呼称される。

目次紹介

第1章 黄金の国エルドラドでは有史以前の金の鉱脈源から、
何者かによって途徹もない量の金が蓄積されていた!
第2章「カインの失われた王国」は中南米にあるのか―ナワトル古代文書の謎
第3章 蛇の神々の王国ティオティワカンを作ったのは、
オルメカ人か、あるいはエジプト・ピラミッドの隠された建設者なのか!?
第4章 ジャングルの中の空の見張人「マヤ族の天文学者」と
羽毛の生えた蛇神ケツアルコアトル
第5章 マヤの謎をさらに深くするオルメカ人(アフリカ)とイスラエル、フェニキア人
第6章 文明をもたらした黄金の「魔法の杖」をもった神は、
シュメール文明をもたらした者と同じなのか
第7章 すべての知識を与えた共通の神々が
地球のすみずみに存在していたのではないか!?
第8章 驚異的な暦・天文の知識は、天空から飛来する神々への
オマージュだったのではないか!?
第9章 アヌンナキの宇宙港―クスコ、オリャンタイタンボ、
マチュピチュ、ティアワナク、キトー
第10章 ティティカカ湖、ティアワナクの遺跡群は、
「新世界のバールベク」アヌンナキの神々の空からの目印の地である
……ほか。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

会員登録のメリット
  • 新規会員登録でポイントゲット
  • 各種優待割引
  • 会員限定商品あり
今すぐ会員登録