10,000円以上お買い上げで 送料無料!!
10,000円以上お買い上げで 送料無料!!

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

今すぐ会員登録

ムーとアトランティス ~Last Chance~

  • NEW
ISBN:
9784864717274

~近刊予告~

著者:不二真央都

四六判ハード

☆2019年5月頃発売予定☆

ご予約の際はお問い合わせまでお願い致します。

通常価格(税込):
1,890
ポイント: 37 Pt
販売価格(税込):
1,890
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

書籍詳細

人々よ、思い出すのだ!
あのときムーの王家とアトランティスの王家は同族だった
その同族の骨肉の争い(スーパーテクノロジー)から
沈没へと向かったその過程を!
--不二阿祖山太神宮復興のカタ写しの役割はここまで遡っていた

大陸は沈没する運命にさしかかった。
しかし、沈没を回避できるチャンスが与えられた。         
チャンスとはなにか?
その最後のチャンスを、民は掴むことができるのか?

不二山の東北の麓には、巨石神殿がそびえ立つ。
神殿の一角にはピラミッドがあった。
神殿では神事が行われようとしていた。

宇宙船が神殿を襲撃している。
神殿もピラミッドも崩壊し、参列者の血が流れると、
不二山の上で輝いていた光は、徐々に弱まり、
ついに消えてしまった。

少し時がたって、崩壊した神殿を、
大地から生えてきた草や苔が覆った。
とある人の手によって、
ピラミッドがあった場所に石碑が祀られた。

そこを訪れる人々は、石碑の意味を知ってか、知らずか
石碑に手を合わせていた。

そのうち神殿は完全に緑に覆われ、
ただの山にしか見えなくなった。
神殿があったことも忘れ去られるほど時は過ぎたが、
石碑だけはポツンと残っていた。
その石碑は、なんと現代に至るまで、残り続けた。

目次紹介

序章 神の愛
1章 真人の夢
2章 目覚める真人
3章 タイムスリップ
4章 失っていた記憶
5章 甦る記憶
6章 アトランティス大陸
7章 友の死
8章 白羽の結婚
9章 和平への使者
10章 地下神殿
11章 神の怒り
12章 沈む大陸
13章 沈まない大地
14章 真主夫は真人
最終章 神殿を建てよ

著者紹介

不二真央都(ふじ まおと)
小説家
不二阿祖山太神宮の講演会に参加し、
渡邉大宮司の講演を聞くうちに歴史ロマンに目覚め、
太古の物語を書きたいと思うようになる。
不二真央都が書く物語はフィクションだが、
モデルは不二阿祖山太神宮の渡邉大宮司である。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

会員登録のメリット
  • 新規会員登録でポイントゲット
  • 各種優待割引
  • 会員限定商品あり
今すぐ会員登録