15,000円以上お買い上げで 送料無料!!
15,000円以上お買い上げで 送料無料!!

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

今すぐ会員登録

もう隠せない 真実の歴史 世界史から消された謎の日本史

  • NEW
ISBN:
9784867422922

 

著者:ペトログリフ研究家 武内 一忠

四六判ソフト

-2023年8月17日発売-
☆好評発売中☆

通常価格(税込):
2,750
ポイント: 55 Pt
販売価格(税込):
2,750
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

書籍紹介

登録者45万人超えYouTube 「TOLAND VLOG」に著者登場決定!
話題騒然のテーマ!

シュメールもエジプトもユダヤもケルトも――世界史の民はなぜ海洋民族ラピュタと共に縄文日本に結集したのか⁈なぜ巨石文明の遺跡が日本列島から続々と発見されるのか⁈

日本列島は先進文明の証拠群そのものであった!
海洋民族ラピュタと巨石文明の遺跡が織りなす決定打!

真実の日本の歴史では、日本は世界の中心にあって惜しみなく万人に幸せを振りまいていた。海洋民族と共に世界の情報を共有し、その価値を認め、さらに技術の先端を見つめる縄文1万年があったのだ。

7200年前頃、環太平洋を麻布の帆と双胴のカヌーで悠々闊歩するマオリ海人族がいて、彼らがボルネオ付近の湊川人(ムーの末裔)とミックスしながら海洋民族となる。これがラピュタである。

地球温暖化による火山爆発。この当時の天変地異を収めるために、古より巨石による宇宙神信仰をもつラピュタと縄文人は協力して、巨石文化を駆使した。

熊襲、ケルト、物部、蘇我、ドルイド、ヘブライ、フェニキュア、サンカ
それらのすべての秘密はここにあり!

ギルガメッシュ叙事詩は語る。「シュメールの民は東海の蓬莱山(日本)を目指した」と!

日本の歴史は
日本中心の世界史は
超不都合な真実として
葬り去られて来たのだ!

6000年前頃、世界が砂漠化していく中で、日本は悠久の森の文化を湛えていた。山からは真水が湧き、森には収穫が溢れ、何不自由ない邑(むら)の生活があった。そこへ世界中の民が海洋民族ラピュタに伴われ、蓬莱山ディルムンにやって来た。日本民族は、船団のマレビトを一世一代の手料理でもてなし、その季節を共に祀ったのだ。

しかしある時、金属文明が生まれ、世界は一気に搾取社会へと変身していく。
戦争のない縄文1万年もシューメールの民の到来とともに変質していく!

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

会員登録のメリット
  • 新規会員登録でポイントゲット
  • 各種優待割引
  • 会員限定商品あり
今すぐ会員登録